2010年11月14日

なすび〜号、北の大地へ。(その4)

9月25日はいよいよ日本一早い紅葉を見るために黒岳に登る日。 前日の夜層雲峡に到着し駐車場で聞いた情報では黒岳山頂はかなりの寒さだとの事。果たして写真の様な紅葉を拝むことが出来たのでしょうか。

・・・なんとなく分かってたんですけど、 黒岳ロープウェイを登り切り登山道に入るとすぐに写真の様な雪景色(汗)。24日に強力な寒気が入り込んだらしく、 初雪に降られてしまいました。 紅葉は雪の下からチラリと顔を覗かせているだけで、雪景色を見ながらの登山となってしまいました。 服だけは寒さ対策で厚手の物を用意していたので何とか寒さをしのぐ事はできましたが、 足元は雪でスリップしやすい状態でアイゼンが欲しいと感じました。

行程はそれ程ハードではなく2時間弱で黒岳山頂に到着しました。最初のイメージ写真とは程遠い雪山をバックに記念撮影です(汗)。 まぁ雪景色も悪くないか・・・と前向き思考で歩みを進めました。

黒岳山頂から40分程下った所にある黒岳石室 (いしむろ)に到着。この日が石室の管理人常駐の営業最終日という事でした。当然ここも雪に囲まれている状態。 お昼ごはんを食べようかとも思いましたが、あまりに寒いためここでは食べずに層雲峡まで戻ってからにしようと決め、 ちょっと休憩してから元来た道を引き返しました。

ちなみに石室の中はこんな感じ。いかにも山小屋! という感じのワイルドな内装。フラッシュで照らされての写真なので実際は真っ暗闇です。ささっち妻は 「ここには泊まりたくない」と言っておりました(爆)。

黒岳ロープウェイ駅に戻り受付に預けていたViViさんと合流、食事を摂ったらなすび〜号でひたすら南へ向かいます。
今晩のお宿は十勝川温泉から東へ進んだ池田町にある『まきばの家』という宿泊施設。 今回の旅でフェリー以外では唯一部屋を借りた所です。到着した時には既に辺りは真っ暗でした。

まきばの家にはオートキャンプサイトもあったのですが、 ViViさんも車中泊の長旅で疲れているだろうとの想定で犬も一緒に泊まれるコテージを予約しておきました。 写真ほど綺麗ではありませんでしたが、何せ暖かいし気兼ねなく家族で過ごせるので泊まって良かったです。 ちなみにViViさんはコテージの中を大爆走し、 床にオシッコもしまくってました(汗)。スタッフの皆様ごめんなさい・・・。

晩ご飯は同じ敷地内の『ロカンダ デル ボスコ』で本格イタリア料理を頂きました。 地元池田町でとれた食材を使った上品な料理でしたよ。中でもニョッキは抜群の美味しさで、 思わず店員さんに美味しいですと声をかけてしまいました(爆)。

明日26日はささっち夫婦の結婚記念日。 せっかくなのでなかなか体験出来ない事をしようと計画しています。天気がいいと良いのですが・・・

To be continued

 

posted by Sasatch at 20:54| 愛知 ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記を書く。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初雪登山、なかなか出来ない経験です。
寒そうですが、良かったですね。
黒岳が白岳になってますな。
お疲れ様でした。
Posted by ひろりん at 2010年11月16日 08:09
☆ひろりんさん
確かになかなか出来ない経験でした(寒)。完全に白岳です。また登れるとしたらもう少し紅葉が見られる状態で登りたいなぁ。
Posted by sasatch at 2010年11月16日 21:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

日本一早い紅葉
Excerpt: 2000年10月1日(日) 行程 層雲峡〜大雪山・黒岳〜層雲峡泊 走行距離 7.5km(通算628.2km) ※地図の複製は禁止します。 そこに山があるから そもそも今回の北海道旅行の目的の一つは北..
Weblog: SSK World
Tracked: 2010-11-15 00:13
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。